お役立ち情報

別府観光なら温泉、油屋熊八、映画館、別府タワー、すしを堪能せよ!

元トラッカーのぎん丸です。

ぎん丸は日本全国をトラックで走りつくしました。

我々トラックドライバーは時として時間に余裕がありすぎる時もしばしば。

そんなあいた時間に全国の有名観光スポットに立ち寄れるのもまたトラックドライバーの魅力の一つでもあります。

今回はぎん丸が立ち寄った中でもとても素晴らしい観光スポットの別府温泉について紹介したいと思います。

あわせて読みたい
紅葉時期に行きたい下呂温泉はニューハーフもおすすめです。元トラッカーのぎん丸です。トラックドライバーとして日本全国津々浦々走り尽くした私の楽しみの一つでもあった温泉巡り。 前回は別府温泉...

トラックドライバー目線から感じた別府温泉の魅力を紹介!

日本全国津々浦々、トラックで全国を飛び回っている傍ら、やはりその地元でしか感じられない雰囲気があります。

特に、下道(一般国道)を使う機会が多いので、そのような場所に遭遇すると、どうしても立ち寄りたくなってしまうと言う衝動にかられるのは、トラックドライバーの性。

特に、温泉地なんかに辿り着いてしまった時には、休憩がてら気軽に入れる温泉をさがしたり、時間に余裕があればちょっと奮発してその地元の美味しい食材を探したりと、結構公私混同してしまいがちな時も数知れず。

そして今回紹介させていただく、大分県が全国に誇る温泉地である別府温泉もとっても魅力を感じた地の一つ。

印象に残った部分を特に皆さんに紹介させてい頂きます。

別府駅前で油屋 熊八を拝見するべし!

引用:トリップアドバイザーより

まずは、温泉ではなくて、とってもインパクトのある銅像に出会った時のこと。

とりあえず、別府駅前あたりに到着したので、辺りを見回してみるとなんだか不思議な銅像が目に入ってきました。普通、銅像と言うと上半身だけデンと構えている感じで、顔もどちらかと言うと無表情な印象を受けますが、

ぎん丸
ぎん丸
な、な、なんとこの銅像、飛んでいます

万歳しながら、まえのめりになって、そして、何やら、小人なるものが付着しているのです。

只物ではないなと思い、近くに寄ってみて見ると、この別府を日本全国屈指の一大温泉地に育て上げた方ではありませんか。

その名は油屋 熊八(1863〜1935)

一見ふざけたおっさんに見えますが・・・

実はこのお方、一代にして別府を温泉地に育て上げたとても偉大な人物です。

そして「ピカピカおじさん」とふざけたあだ名で呼ばれてます。

その名の通り頭は禿げています(笑)

見た目とは裏腹に結構破天荒な人生を送っておられるお方のようで、当時日本ではまだ珍しくクリスチャンであったそうです。

30代半ばで、大阪で米の仕事で大成功した後に相場で大失敗して、全財産を失いったそう。

そして40代初めに無一文の傍らアメリカを放浪した後に、日本に帰国。

その後、別府を観光拠点にしようと思い立ったのが今日の別府温泉の始まりなようです。

ぎん丸
ぎん丸
このおっさんただのハゲではなかったのです!

なんせ凄いアイデアマンであり、新約聖書の言葉から学んだお客様をとことんおもてなしせよと言う言葉を胸に常に斬新なことを行いながら別府を発展させていきました。

まずはバスを気軽に観光客の方に使ってもらおうと日本で最初のバスガイドさんを配置。

亀の井遊覧自動車という会社が始めたそうです。

ぎん丸
ぎん丸
なんと「別府がバスガイド発祥の地」だったんだ!

当時別府港の船着き場には観光船などが付きにくかった為、改造して専用の船着き場を設け実際に油屋さんが創業した亀の井ホテルにお客様の急患に備え看護婦を配置するなど、お客様目線に立った観光地作りをしたことで、別府の発展に寄与していった大変立派なお方だそうです。

ぎん丸
ぎん丸
あまりにもインパクトが強かったのでまず紹介させていただきました

別府温泉に来たら、温泉地獄を味わう。

地獄を見ることになるでしょう。別府に来たら。

別府温泉に来たら地獄と言う看板をそここかしこで見かけます。

それもそのはず。

別府の地はもともと数多くの温泉地帯が存在し、その独特の色と、湯煙が漂う様子から、地獄と昔から称されていました。

現在では代表する7か所の地獄をめぐることができる地獄めぐりが大人気なようで今回は何分時間がなく回ることはできませんでしたが、次回は観光で訪れて回りたいと思っています。

そんな7か所の地獄のうち4か所は国指定になっているほどの名勝で日々観光客で賑わっているようです。

この4か所には足湯もあるので、トラックドライバーの方々にもおすすめの場所ではないでしょうか。

基本的には、地元の基幹バスである、西鉄バスに乗って回るのが一番楽みたいです。

別府は温泉だけじゃない映画だって

別府駅前をちょっと走っていると、なにやら、昔懐かしい雰囲気の建物が目につきました。とりあえず、トラックを停めて立ち寄ってみると、そこはなんと映画館。

引用:九州旅倶楽部 より

その名もブルーバードと言う地元では知る人ぞ知る映画館だそうです。

時間の関係もあり、中には入ることは出来ませんでしたが、上映作品を見てみるといわゆる最近流行りの大きい映画館ではあえて上映しないような社会派作品や人間ドラマを題材にした作品ばかりでした。

なかなかこんな作品を見る機会もないですしやっぱり利益なんかを考えると人気俳優さんが出ている話題作品を上映したくなってしまいがちな今の映画の風潮である印象を受ける中でこんな小さい映画館があえてこんな作品を選んで上映しているのだなと感心しました。

上映時間もそんなに長くない感じでしたので、観光ルートに組み入れてみても良いと思います。

東京タワー、京都タワー、別府タワーもありますので

帰りに再び別府に入ると、なにやら、タワーらしきものが目につきました。現在のようなモダンな雰囲気は感じさせなく、レトロ感満載なタワー。

引用:別府タワー公式より

22時までやっていると言うことでちょっと立ち寄ってみると、入場料200円とありとりあえず中に入ってみることにしました。

実際に入ってちょっとびっくりさせられたのは、このタワー日本で3番目に作られたタワーだそうで、名古屋のテレビ塔、大阪の通天閣、東京タワー、札幌テレビ塔などと仲間だそうです。

それもそのはず。

すべて同じ方が手掛けたタワーで、作られたのは53年前と言いますから、ちょうど日本が元気になり始めた時代に建築されたということです。

だいたい展望室までは50メートルほどエレベータで上り夜景も楽しめたりするので立ち寄りスポットにはおすすめでは。

中には、展望室とちょっとしたレストランやなどもありました。

滞在時間は30分程度でしたが、別府の夜景を眺めながら少しばかり気が休まる感じでした。

たちよりスポットとしてはちょうど良い感じの印象を受けます。

温泉地がゆえに個性的な温泉施設での楽しみ方もあります。

別府温泉といえば地獄温泉巡りが有名ですが、他の温泉地ではなかなかお目にかかれない個性的な温泉もあります。

ここではぎん丸おすすめの2つの温泉を紹介します。

砂風呂別府海浜砂場

温泉地なので、個性的な温泉で日々の疲れを癒すことにもってこいの温泉施設があるのも別府温泉の魅力です。

まずは、別府湾の砂浜に埋もれながら、波の音だけを聞いて程よい温度で楽しめる

砂浜マイスターと言ういわゆる砂風呂のプロの方が、なんとも絶妙に砂で訪れた人の身体を埋めてくれます。

そうすることで、程よい温度で保たれた砂の布団みたいな感覚で、眠りについてしまいそうになるくらい気持ち良いのです。

そして、耳からは波の心地よいサウンドも。

温泉地ならではの楽しみ方の一つではないでしょうか。

入浴料は1030円と意外とリーズナブルなのも嬉しいです。

鉄輪むし湯

引用:ジャランより

なんと鎌倉時代から続くむし湯といわれるお風呂。

サウナと言えば、イメージが付きやすいと思いますが、石室内に薬草の香りが充満し。10分もすれば発汗効果が得られるお風呂です。

湯上りには、無料で楽しむことができる、足蒸しもおすすめです。

このように通常の温泉だけではなくこのようなちょっと変わり種の温泉も楽しめるのも別府温泉ならではの魅力ではないでしょうか。

「亀正くるくる寿司」に行くべし!

別府は魚もうまい!

ぎん丸がトラックドライバー仲間に聞いて行った絶品の回転寿司屋を紹介します。

その名は「亀正くるくる寿司」

名前だけ聞くと少し頼りないですがまさにここの寿司は絶品でした。


行列必死なので時間に余裕を持って行ってください。

予約は不可です。

駐車場が狭いので4トントラック以上は止められません。

何を食べても美味しかったですが、ぎん丸が感動したのは関アジ・関サバです。

今まで食べたアジとサバの概念を覆されました。

別府に言ったらこの回転寿司屋に行くことをおすすめします。

日本トップクラスの温泉地別府

ここまで、なんとなく別府の魅力を感じていただけたでしょうか?

日本には、全国津々浦々有名な温泉所がある中で、その生い立ちから中身まで、どこか個性を感じることができる温泉地だと言う印象を受けます。

数ある有名温泉地の中でも個性は際立っています。

ちょっと変わった旅をしてみたい方には、ぎん丸が数多く巡ってきた温泉地でもトップクラスの別府温泉!

こちらの温泉地をぎん丸はごり押しいたします。

温泉好きの方には間違いなく満足させてくれるでしょう。

↓トラックドライバー時代に立ち寄ったおすすめ観光地を紹介していますので読んでみてくださいね↓

あわせて読みたい
一度は行きたい日本の絶景ランキングinトラックドライバー元トラッカーのぎん丸です。 ぎん丸はチャーター専門でだったのでお客様の指定する行き先は毎回違います。 したがって北は北海道、...
あわせて読みたい
道後温泉は温泉以外にも魅力だらけ!ハイカラ通りなんてどう?元トラッカーのぎん丸です。 トラックドライバー時代に行ってよかった温泉地も今回で3か所目になります。 トラックドライバーの特...
あわせて読みたい
紅葉時期に行きたい下呂温泉はニューハーフもおすすめです。元トラッカーのぎん丸です。トラックドライバーとして日本全国津々浦々走り尽くした私の楽しみの一つでもあった温泉巡り。 前回は別府温泉...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)