運送会社時代

「重量屋」はレベルマスターで簡単レベル出しをすべし!

レベル出しに苦戦している「重量屋」「機械屋」のみなさんへ

この記事を読んでいる時点であなたは「レベルマスター」に興味津々ですね。

結論から言います。

買うか迷っているあなたに言っておきますが、気になっているなら買うべきです。

レベルマスターを購入することによりレベル出しの時間が大幅に短縮され元はすぐに回収できます。

レベルマスターはこちらから↓

 

ご存知「レベルマスター」は1人もしくは2人で迅速かつ簡単にあのわずらわしいレベル出しをすることができる超優れものの精密電子水準器です。

日頃。工作機械精密組立機器などの精密機器のレベル出しに従事している人は間違いなく購入したほうがよいでしょう。

そこで本記事では「大昭和精機」さんの「レベルマスター」について紹介したいと思います。

レベルマスターとは

工作機械や精密組立機器のレベル出しに使用する精密電子水準器です。

ぎん丸の知る限り通常レベル出しをする時は「平型水準器」といって底面を測定面とした精密水準器を用いてレベルを測定します。

レベル出しとは

本記事でいう「レベル出し」とは工作機械や精密組立機器を運搬移設で水平がくるってしまった機械を正常な状態で稼働していた状態に戻してあげること、つまり「水平レベル」のことをいいます。

工場出荷時や元にあった場所と移設先の床レベルが必ずしも同じ床の状態ではないので必ず移設後はレベル出しが必要となってきます。

精密水準器と水平器との違い

基本的に工作機械や精密組立機器のレベルは0.02mm/1mの単位で行います。

0.02mm/1mは1mあたりの傾きが0.02mmということです。

精密水準器はこちら↓

 

数値ではわかりにくいかと思いますが紙1枚ゴミが間に入る事で全くレベル(水平)が変わってしまう超精密なレベルなのです。

例えるとそこらへんで買える水平器(大工レベル)の感度は1.00mm以上/1m。

そこら辺で買える水平器はこちら↓

 

1.00mm以上/1mは1mあたりの傾きが1.00mm以上ということです。

精密水準器との差は歴然です。

精密水準器

・価格 数万円~

・感度 0.02mm/1m

・使用用途 工作機械・精密組立機器

水平器

・価格 数百円~

・感度 1.00mm以上/1m

・使用用途 建築・日曜大工

レベルマスターと精密水準器のちがい

ここでようやくレベルマスターの出番です。

レベルマスターの一番の特徴は従来の水準器とは違い精密電子水準器です。

つまりアナログ式の水準器との気泡ではなく

LEDとブザーの音でレベル出しをする最新式デジタルマシーンなのです。

さらには0.01mm/1m以下までの超精密なレベルまで調整可能です。

レベルマスターと精密水準器の違いを比べてみました

レベルマスター

ソース画像を表示

引用:大昭和精機より

  • 精密電子水準器
  • 価格9万5千円~
  • 感度0.01mm/1m
  • レベル出し デジタル

精密水準器

引用:ミスミ通販より

  • アナログ精密水準器
  • 価格 1万円~
  • 感度0.02mm/1m
  • レベル出し 気泡

精密機械のレベル出しは難しい

上記で述べたように工作機械や精密組立機器のレベルは0.02mm/1mの単位で行います。

0.02mm/1mの単位でレベルを出すのには熟練の技術と経験が必要です。

主に工作機械は4隅のアジャスターボルトを回してレベルを調整するのですがこの微調整が0.02mm/1mの単位になってくると精密水準器の気泡を真ん中に調整するのが非常に難しいのです。

言葉では表すのは難しいのですが本記事を読んでいるあなたにはこの気持ちをわかってもらえると信じています。(笑)

レベルマスターで簡単レベル出し

レベルマスターはLEDとブザーによる音でレベル出し完了を知らせてくれます。

従来の精密水準器の気泡とは違いLEDでレベル出しはとても簡単です。

引用:大昭和精機より

レベルマスターFMで一人で簡単レベル出し

引用:大昭和精機より

レベルマスターFMは従来のレベルマスターに比べて無線で測定器の数値を表示機に表せるので一人によるレベル出しが可能になります。

レベル出し作業をしたことある人にはこれがどれだけすごいかわかることでしょう。

レベルマスターFMを購入することで作業の効率化は測りきれないくらい向上するでしょう。

レベルマスターが使えないケース

レベルマスターの寸法は109π×H46です。

機械によってはレベル出し基準面にレベルマスターが置けない場合があります。

そういった場合のために従来通りの精密水準器を現場に持っていくことをおすすめします。

おわりに

本記事はレベル出しの業界を知るごく少数の人向けのマニアックな記事となってしまいました(笑)

この記事でアクセスアップは望んでいません(笑)

ぎん丸の自己満足となってしまいました。

ただこの世の中で数少ないレベルマスターについての情報を求めているあなたに少しはこの記事がお役に立てたら光栄です。

レベルマスターはこちらから↓

 

あわせて読みたい
重量屋はガテン系職人の最高峰だと思う件元トラッカーのぎん丸です。 ぎん丸は以前トラックドライバーとして様々な現場に納品で行き、様々な現場作業でを目で見てきましたがその中で一...
あわせて読みたい
重量物のプロ「重量屋」の気になる給料と仕事内容を公開します元トラッカーのぎん丸です。 前回の記事で紹介した特殊輸送のプロ軍団 その名も「重量屋」 https://ginmaru...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)