運送業界

【海コンドライバー】は楽なのか!?業務内容を紹介します。

元トラッカーぎん丸です。

一言でトラックドライバーと言ってもトラックドライバーの仕事内容教えます!運送業界は多種多様で紹介したように業務内容は千差万別です。

ざっと思い浮かべるだけで

  • 宅配便
  • コンビニ配送
  • 引っ越し屋
  • ゴミ収集車
  • ダンプ
  • 生コンミキサー

などなどいくらでも出てきます。

世間的にはトラックドライバーの仕事はきついと思われがちですが実は業務によってかなり楽な仕事である程度稼げるドライバー職があることを伝えたいと思い当記事を書こうと思いました。

そこで当記事ではぎん丸がトラックドライバー時代にこの仕事の運転手は楽じゃね?

と思ったドライバー職をご紹介したいと思います。

それはズバリ海コンドライバー(輸出入貨物)です。

当記事は海コンドライバー向けに書いていません

  • トラックドライバーに興味がある人
  • トラックドライバーになりたい人
  • 海コンドライバーについて知りたい人

以上に該当している方向けの記事になります。

海コンドライバーの方が読んでいて不快な思いをさせてしまったらすいません

そして不快に思ったら今すぐこのページを閉じてください。

なぜ「海コンドライバー」が楽だと思うのかは以下で説明したいと思います。

 

※当ブログではトラックドライバー向けに多くの記事を発信しています。

こちらのまとめ記事は業界経験者だからこそ言えるリアルな内容盛りだくさんですので参考にしてください。

トラックドライバー達へ送る参考書さて当記事ではトラックドライバー達に送る参考書と銘打って、今までに反響の多かった記事をまとめて紹介します。 これらの記事にはぎん丸がトラックドライバー時代に「経験・体験」した事を惜しみなく紹介していますので参考にして頂ければ幸いです。 これからトラックドライバーになろうと思っている人には全記事必読かと思います。...

海コンを運ぶドライバーはなぜ楽なのか?

結論から言うと以下の理由だからです。

  • ドライバーの荷積み、荷下ろし作業がない
  • ドライバーとしての固縛スキルがなくても良い
  • 貨物が破損していてもドライバーには責任がない
  • ドライバーがトレーラーさえ運転できれば良い
  • ドライバーが対人関係が苦手でも良い

海コンとは?

海コン=海上コンテナ

貨物を積載する大型の箱で海上、陸上での輸送用につくられ、大きな衝撃や振動に耐えられるように国際規格にとって製造されたコンテナです。

海上コンテナの輸送手段

海上コンテナは読んで字の如く海上で輸送するので輸送手段は主にになります。

船で国内や国外の港まで輸送して、荷主や届け先までは陸送での輸送となります。

輸送する荷物は主に輸出入で国外向けとなっています。

陸送は主にトラックでの輸送となり本記事のテーマである海コンドライバーにより運ばれます。

海コンドライバーの仕事内容

海外から船で運ばれてきたコンテナを大型トレーラーを使って配送先まで配達します。

  1. 出勤後、点呼、点検をして出発
  2. 各港(埠頭)で積み下ろしを待つ
  3. ガントリークレーンでの積み下ろし
  4. 荷主、届け先へ配達
  5. 荷積み、荷下ろしは荷主及び配送先が行う
  6. 荷積み、荷下ろし後は各港(埠頭)へコンテナを戻す
  7. 場合によって翌日の積み置き

ざっくりですが以上です。

ぎん丸
ぎん丸
「めちゃくちゃ楽で簡単です
  • 体力を使わない
  • 頭を使わない
  • 積み下ろし技術は必要ない

大型免許と牽引免許を取得していて、トレーラーさえ運転できれば誰でもできます。

荷物の積み下ろしはやらないし、荷物が壊れていようがドライバーに責任はありません。

荷物の積み下ろしはすべて荷主や荷役会社が行います。

ぎん丸
ぎん丸
「おまけにコンテナの中の掃除までやってもらえます。マジ最高!

海コンドライバーは「待機」が仕事

海コンドライバーの一日のほとんどは「待機時間」で占められます。

  • 港での積み下ろし時
  • 配送、配達先での積み下ろし時

ドライバーは何もしないので車内で待機することになります。

待機がと感じるかと感じるかは人それぞれですが、海コンドライバーは時間を持て余しています。

海コンドライバーの給料

気になる海コンドライバーの給料ですがやはり「会社」によります。

ぎん丸の知り合いから聞くと

  • 月給30万円~40万円(総支給)
  • 賞与 数万円~数十万円(会社による)

正直に言うと仕事の割には給料が良いと思います。

2t車に乗って一日中動き回って宅配や配達をするよりもはるかに楽稼げる職種だと思います。

海コンドライバー達は気性が荒い!埠頭内はガチンコ勝負

海コンドライバーのである埠頭内は治外法権でまさに修羅場です。

彼らは自分の庭である埠頭内でぐいぐい幅を利かせ、我が物顔で走行します。

埠頭内は治外法権のため道路交通法なんて通用しません。

海コンドライバーは気が小さい人間はやっていけません。

最初はバースの並び方や埠頭内の暗黙のルールに慣れるまでは少々戸惑うかもしれません。

ちなみに海コンドライバーの庭である埠頭内には汚物が散乱しています。

この記事を読んでいるあなたはこんな人間としてレベルの低いドライバーにはならないでくださいね。

海コンドライバーのデメリット

海コンドライバーの最大のデメリットは集配先によって極端に狭い場所があるということです。

大型トラックの全長を越えるトレーラーにとって困難な集配場所も少なからずあります。

ヤバい集配先

  • 輸出用中古自動車の解体屋
  • 輸出向けの産廃

ぎん丸
ぎん丸
「現場によってはこのような極狭地があります。

運転技術がないと海コンドライバーは難しいです」

おわりに

海コンドライバーに興味があるあなたは一度、海コンドライバーをやってみるとよいでしょう。

今や日本の国内物流は頭打ちとなりこれから先は国際物流が増え、海コンドライバーの需要もより一層に増えてきます。

慣れるまでは大変ですが慣れてしまえば本当に楽だと思います。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

 

※転職を考えているトラックドライバーはドライバー求人サイトのドラEVERに登録しておくのをおすすめします。

ドラEVERならあなたにあった条件を細かく検索できる機能が豊富です。

ドラEVERについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【ドラエバー】トラックドライバーの転職のタイミングは今だ!元トラックドライバーのぎん丸です。 「働き方改革」という名の下で、各企業は残業等を減らし今までの勤務体系を大きく見直し始めています...

※当ブログでは15年間のトラックドライバー生活で経験した知識を多く発信しています。

こちらの記事は業界経験者だからこそ言えるリアルな内容盛りだくさんですので参考にしてください。

運送業界

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)