重量屋

【法改正】安全帯が「墜落制止用器具」に変わり特別教育が義務付けられます

元トラッカーのぎん丸です。

今回のテーマはガテン系職人の必須道具「安全帯」です。

当記事でいう「安全帯」とはこちらです↓

いわゆる胴ベルト型(一本吊り)ってやつです。

いまだに建築現場では多く使用されていると思います。

そもそもこの「安全帯」本当に安全だと思います?

  • 墜落時に掛けていた位置によって体にかかる負担が数倍になるの知ってますか?
  • 万が一の墜落時に「内臓破裂」「あばら骨折」等の労働災害が多い事実を知ってますか?
  • そもそもこんなんで「安全帯」なんて呼べるのでしょうか?

安全帯は正しく着用しましょうなんて言ってますがいくら正しく着用しても必ず墜落時は腹部や胸部へとベルとがずれ込みそこへ体重の数倍の負担がかかり「内臓破裂」「あばら骨折」は当たり前、さらには安全帯をしていたのに関わらず内臓圧迫で死亡したケースもあります。

実際にそういった労災事故の事例が多いのです。

昔、ぎん丸は実験で寝ている状態からユニックで安全帯をフックに掛けて実際に吊ってもらいましたがマジで痛いです。(こんなことしてはだめですが)

そしていくら腰回りにがっちり固定していても宙ぶらりんになるとどうしてもベルトが腰から腹部へとずれ込んでしまうのです。

そもそも体に負担がかかるとわかっている状態でこれだけの痛みを感じるのですから、もし現場で不意に墜落しあれ以上の衝撃が体にかかると思うとゾッとしますね。

ユニックを持ってる方は一度ご自分で経験してみてください。

いかに安全帯が安全でないか体感できると思います・・・

もちろん自己責任でお願いしますよ(笑)

そんな疑問を昔から抱えていました。

そして厚生労働省は建設業等の高所作業において使用される「安全帯」について、法改正をを行うとともに安全な使用のためのガイドラインを策定したようです。

当記事では厚労省が法改正を行った内容を簡潔にわかりやすくまとめました。

詳細を知りたい方は厚生労働省やこれから受けるべく特別講習でよく勉強してください。

高所作業において法改正がされます

ようやく変えましたかって感じですね。

やっと従来の「安全帯」が安全じゃないことを厚労省が正式に認めてくれたって感じでしょうか。

厚生労働省は建設業等の高所作業において使用される「安全帯」について、法改正をを行うとともに安全な使用のためのガイドラインを策定しました。

法改正のポイント

  1. 施行日201921
  2. 安全帯の名称が「墜落制止用器具」に変更
  3. 「墜落制止用器具」は「フルハーネス型」を使用することが原則
  4. 現行の構造規格に基づく安全帯(胴ベルト型・フルハーネス型)を使用できるのは202211日まで
  5. 高さ2m以上で作業床を設けることが困難なところで「フルハーネス型」を用いて作業に従事する労働者は特別教育(6時間)を受けなくてはならない(例外有り)

簡単に言うと20192月以降、高所作業をする人は特別教育を受けて「フルハーネス型」の安全帯を着用して作業をしないと罰せられますよってことです。(例外有り)

2019年2月なんてあと3か月しかありません(汗)

特別教育を終了しないで該当業務を行うと法令違反に問われるので注意が必要です。

該当業務については細かい規定があるので高所作業に関わる可能性のある労働者全員に特別教育を受けさせたほうが無難ですね。

事業者側の人は要チェックです!

安全帯が「墜落制止用器具」に変わります!

安衛令第13条第3項第28号を改正し、「安全帯(墜落による危険を防止するためのものに限る。)」を「墜落制止用器具」に改めます。

また、本改正後「墜落制止用器具」として認められるのは、「胴ベルト型(一本つり)」と
「ハーネス型(一本つり)」のみとなり、「胴ベルト型(U字つり)」の使用は認められません。

引用:厚生労働省

つまり「安全帯」という名称はなくなります。

従来の

・胴ベルト型(一本つり)

・ハーネス型(一本つり)

は「墜落制止用器具」として認められますが原則は「フルハーネス型」を使用することになります。

フルハーネス型は胴ベルト型とちがってユニックでつられても全く痛くありません。

なぜなら安全だから。

・胴ベルト型(U字つり)は「墜落制止用器具」として認められません。

なぜならば安全でないから。

おわりに

従来のベルト型安全帯は日本人が好む「本音と建て前」でとりあえずかけとけば良い、命は助かる、法令違反ではないなど建築現場でよく見かける「安全はすべてに優先する」なんて言葉とはかけ離れた安全帯なのです。

むしろ安全帯というよりは腰道具をぶら下げる道具としての役割が強いと思います。

あわせて読みたい
初心者向け【重量屋】なら現場で必ず持っておきたい道具18選元トラッカーのぎん丸です。 重量物運搬のプロフェッショナル軍団「重量屋」には欠かせない道具とはズバリ腰道具です。 腰道具=安...

こうして厚生労働省がようやく重い腰を上げ法改正してくれたことで今後、墜落による労働災害が少なくなることは間違いないでしょう。

最後に「墜落制止用器具」は身に付けているだけではだめです。

必ず安全で強度のある場所にかけて作業してくださいね。

 

当記事は厚生労働省のガイドラインを参考にして書き上げました。

あわせて読みたい
重量物のプロ「重量屋」の気になる給料と仕事内容を公開します元トラッカーのぎん丸です。 前回の記事で紹介した特殊輸送のプロ軍団 その名も「重量屋」 https://ginmaru...
あわせて読みたい
重量屋はガテン系職人の最高峰だと思う件元トラッカーのぎん丸です。 ぎん丸は以前トラックドライバーとして様々な現場に納品で行き、様々な現場作業でを目で見てきましたがその中で一...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)