資産形成

【金額公開】自動車保険料は比較で安くなる!

以前に当ブログで紹介した自動車を運転している人の中で自動車保険(任意保険)に加入していない人が全体の4分の1という衝撃の事実。

考えてみてください。

国土の狭い日本を所狭しと私たちの周辺に必ず走行しているくるま。

そのうちの4台に1台は自動車保険(任意保険)に加入していないのです。

恐怖でしかありません。

それと同時に自動車を運転している人の危機感のなさに元トラックドライバーのぎん丸は絶句しています。

ハッキリといいます。

自動車保険に加入していないと事故を起こした場合に高確率であなたの人生は終わります

ウソではありません。

自動車運転中に誤って人を殺めてしまったり、物を破壊してしまったら高額の損害賠償請求がきて自損事故であっても最悪人生終わります。

 

その損害賠償を補填するのが自動車保険(任意保険)です。

自賠責保険なんかでは到底払える金額ではありません。

 

あなたは自動車保険に加入していますか?

 

自動車保険に加入していないならこの機会に無料の自動車保険一括見積もりサービスを利用して同じ補償でもより安く自動車保険に加入しましょう。

すでに自動車保険に加入している人たちには当記事を読んで保険内容を見直して固定費の節約にあててほしいと思います。

我が家の自動車保険(任意保険料)を公開します。

我が家の自動車保険料は年間28,830円です。

月払いにしたら2400円です。

安いと思いませんか?

自動車保険(任意保険)の補償内容

ここからはぎん丸自身が加入している自動車保険の詳細を公開します。

参考にして頂けたらと思います。

・運転者年齢条件特約

30才以上補償

・運転者限定特約

夫婦限定

・対人補償

無制限

・対物補償

無制限

・人身傷害補償特約

あり 3000万円

・自損事故保険

人身傷害補償特約で補償される

・無保険者傷害特約

2億円

・弁護士費用等補償特約

あり

以上です。

これで年間28,830円です。

ちなみにぎん丸家の車は軽自動車でローンも終わっていますし、最悪事故で車が破損したらすぐにでも買い替える資金はあるので車両保険には加入していません。

自動車保険(任意保険)の補償内容を理解して加入しよう

あなたは現在加入している自分の自動車保険の補償内容についてちゃんと理解して加入してますか?

まさか保険屋さんに言われるがままの補償内容にお金を払ってはいませんよね?

これを機に補償内容をきちんと理解し自分にとって不必要な補償を省き無駄な保険料を節約しましょう。

さて、これからはそれぞれのぎん丸が実際に加入している自動車保険の補償内容を詳しく説明していきますね。

対人補償

契約車両の事故により他人を死傷させ法律上の損害賠償責任を負った場合に相手方の治療費や慰謝料などを補償してくれます。

とくに相手方が死亡、高度障害の残る事故だった場合では億単位の賠償金が発生するケースも珍しくありません。

自賠責保険では最高でも4000万円までしか保証されませんので無制限必須です。

任意保険に加入することにより事故後はプロの保険会社が自分に代わり相手方との示談交渉を代行してくれるため安心できます。

対物補償

読んで字のごとくその対象は相手方の車または電柱やガードレールなどの公共物、家屋、トラック等に損害を与えてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に保証してくれます。

もちろんこれらも事故後はプロの保険会社が自分に代わり相手方との示談交渉を代行してくれるため安心できます。

対物に対しても億単位の賠償金が発生するケースも少なくありません。

自賠責保険では対物に対しては補償はされませんのでこちらも無制限必須で入るべき補償です。

人身傷害保険

自分自身や家族が自動車事故で死傷した場合に実際に生じた損害を補償する保険です。

人身傷害保険は自分に過失があった場合でもその不足分をカバーしてくれるので当然入る事をおすすめします。

人身傷害保険を付けていれば示談交渉や裁判が長引いてもすぐにすべての賠償額が保険会社から支払われます。

さまざまな金額が設定できますが、生命保険や遺族年金等を考慮すると3000万円くらいが無難だと思いますが、各個人によって金額を検討してください。

 

・人身傷害保険に加入している場合と、加入していない場合との違い。

 

引用:保険市場 より

自損事故保険

運転者が自らの責任(自損事故)により死傷した場合に保険金が支払われます。

これらの自損事故保険は人身事故保険で補償されます。(アクサダイレクトの場合)

搭乗者傷害保険

契約者に搭乗中の全員を対象に事故で怪我した部位や内容に応じて契約時にあらかじめ決められた金額を入院日数や後遺障害の程度に応じて支払われる保険です。

必要なし

なぜならば搭乗者傷害保険は生命保険の医療保険死亡掛け捨て保険カバーできると考えているからです。

それに入院、通院、収入補償などは人身傷害保険でカバーされます。

無保険者傷害保険

事故を起こした時、相手方が無保険だったり補償内容が不十分だった時の事故により死傷した時に保険金が支払われます。

なんだか相手方を助けるような保険で腑に落ちない気もしますが、自分や同乗者を守るためにも入るべき保険だと思います。

ファミリーバイク特約

125cc以下のバイクを所有している人は入った方が良いでしょう。

弁護士費用等補償特約

事故を起こした際の相手方に損害賠償訴訟を弁護士に委任した際にかかる費用を最大で300万円を補償する特約です。

他にも弁護士や司法書士に相談する費用を事故一回につき10万円を補償してくれます。

大きな事故を起こしてしまった時や示談でもめた時などは弁護士に依頼して解決をしたほうが良い場合も多数あります。

弁護士費用はかなりの高額になりますし年間の特約費用もさほど高くないので加入をおすすめします。

ダイレクト型と代理店型どちらが良い?

ダイレクト型自動車保険

インターネットや電話を通じて顧客と保険会社をダイレクトに保険を販売する自動車保険のことです。

いわゆるネット自動車保険。

代理店型自動車保険

保険外交員と対面式で直接説明を受けて保険を販売する自動車保険のことです。

ダイレクト型と代理店型のメリットデメリット

ダイレクト型自動車保険

  • 保険料が圧倒的に安い
  • 手続きがネットや電話で解決
  • 対面式でないため無駄な時間がかからない
  • ネットができない人には難しい
  • すべて自分で保険内容を決めなければならない
  • 事故対応が悪い!?

代理店型自動車保険

  • 保険のプロが対面式で丁寧に説明してくれる
  • 手続きを手続きをすべて代行してくれる
  • 事故の時の対応が早い!?
  • 保険料が無駄に高すぎる
  • 知識のない人に無駄な補償をつけさせる
  • すべては担当者次第

自動車保険をダイレクト型に加入する理由

ぎん丸は自動車保険は断然ダイレクト型(インターネット型)保険をおすすめします。

保険外交員(代理店)が中間に入らないため保険料が割安

考えてみればわかることですが顧客と保険会社との間に外交員(代理店)が入るため代理店型で自動車保険に加入すると代理店手数料が保険料に上乗せされ割高になります。

ぎん丸の年間保険料28,830円です。

 

自動車保険は同じ補償でも比較することで年間数万円の違いが出ることもあります。

自動車保険は固定費です。

利用者800万人突破! 自動車保険の見直しに必須の「自動車保険一括見積もりサービス」はこちら↓

自動車保険を比較する



 

保険外交員(代理店)とのやり取りが不要

すべてはこれにつきます。

正直保険屋さんとのやり取りって面倒くさいと思いませんか?

ぎん丸は保険屋さんとのやり取りが面倒で自動車保険に関わらず生命保険もネット保険に変更しました。

外交員の多くが保険の知識に乏しい人たちからもしものために手厚い補償をと言い無駄な保険に加入させ保険料を高くとる。

この記事を読んでいるあなたはきっとインターネットで物事を自分で調べる能力を持った人のはずです。

ダイレクト保険の手続きなんて簡単にできるはずです。

ぎん丸の年間保険料は28,830円です。 

ダイレクト型保険でも事故対応は悪くない

代理店保険はいざというときは担当者が対面して丁寧に対応するといいますが、今の時代大抵のことはネットで解決できますし、ダイレクト型保険のコールセンターもしっかりと電話で対応してくれます。

ぎん丸は恥ずかしながら2回ほど事故でコールセンターにお世話になりました。

小さな事故だったからかもしれませんが示談成立まで保険外交員と対面することなくすべて電話メールで解決しました。

まったく問題はありませんでした。

一部ネットでダイレクト型保険は事故後の対応が悪いとか遅いとか言われていますがぎん丸の実例からいうと問題ないという結論です。

おわりに

自動車保険に関わらず日本人にはなんでも保険を掛けるのが良しという風潮が根付いています。

その割には

自分自身がどんな保険に入っているか

どんな補償を受けられるのかが

あまりにも知らない人が多すぎる気がします。

なんかあったら保険のおばちゃんに聞けばいいや!なんて思っていたらダメですよ。

何事も自分で調べ・自分で学び・自分で納得して決めなければこの先の人生でもいろいろと苦労することになります。

自分で必要な補償なのか?そうでないのかを見極めることも必要です。

そうすることで無駄なお金を払わなくて済むのですから。

最後にもう一度言いますが任意保険に入っていない人はお願いですから任意保険に加入してくださいね。

あなた自身の為にも・・・

家族の為にも・・・

最低限のぎん丸と同じプランで十分ですから。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

 

自動車保険は同じ補償でも比較することで年間数万円の違いが出ることもあります。

自動車保険は固定費です。

利用者800万人突破! 自動車保険の見直しに必須の「自動車保険一括見積もりサービス」はこちら↓

自動車保険を比較する



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)