あおり運転

【高速道路の走り方】プロドライバーが4つのポイント教えます

あなたは高速道路の正しい走行の方法って教えてもらった事ありませんか?

自動車教習所で習った事はありますか?

ないですよね・・・

せいぜい教習所で教えることは

  • 法定速度を守る
  • 車間距離を100メートル取る

だいたいこんなところでしょう。

しかし現実の高速道路はちがいます。

高速道路には流れがあるし、都市部の高速道路では交通量が多くそもそも車間距離を100メートル取りながら走行するのは困難ですし、車間距離を取ったところですぐに間に入られてしまいます。

  • 制限速度なんて守っている車なんてどれだけいますか?
  • 車間距離を100m開けて走行してる車なんていますか?

残念なことにとても少ない現状があります・・・

じゃあどうやって高速道路を走行するのが正しいのか?

  • 実は明確な答えはないのです・・・

ではプロドライバーであるバスやトラックのドライバー達はどうやって高速道路を走行しているのか?

15年間トラックの運転手をしていたぎん丸がプロドライバーの高速道路の走り方を記事にしていきたいと思います。

この走り方が絶対に正解ではありませんが多くのプロドライバーや慣れたドライバーは実践しています。

当記事を参考にして高速道路を走行する事により安全運転、防衛運転、危険予知運転の意識を高めて頂けたら幸いです。

高速道路では速度を一定に保つことが基本

プロドライバーは常にスピードメーターとにらめっこしながら走行しています。

なぜなら速度を安定させて走行したほうが時間が読めるし、何よりも他車をイライラさせません。

事実プロドライバー達は高速道路上ではスピードを一定に保つことを口酸っぱく言われて教わって走行しているのです。

あなたが走行しやすい速度は時速何㎞ですか?

それが80㎞か90㎞か100㎞かはわかりませんが、まずはあなた自身が走行しやすい速度を決めましょう。

  • 決めた速度の10㎞前後を保ち走行する事

基本中の基本です。

ちなみにプロドライバーは5㎞前後を目安としています。

慣れないドライバーほど速度の上下が激しく速度を一定に保って走行している周囲の車をイライラさせてしまいます。

結果あおり運転などの嫌がらせを受けることも・・・

以下の経験がある人は速度が安定していない可能性が高いです↓

  • 気が付くとトラックやバスと並走している
  • トラックやバスなどに被されるように車線変更されてしまう
「速度計とにらめっこなんてしてる余裕がないんだけど・・・」

そんなあなたは↓

  • 第一通行帯のみを走行する
  • 高速バスに追走する

そんな余裕のないあなたが追い越し車線を走行するのは危険なので左車線をゆっくりと走行してください。

高速バスのドライバーは100㎞ぴったりで走行していますので追走すると楽です。

トラックの諸事情はトラックドライバーは本当にマナーが悪いのか?運転手の言い訳を聞いてほしいをご覧ください。

遅い車がいたら速やかに追い越す

一定の速度を保って走行していればそのうち前車との車間距離がだんだん狭くなってくるはずです。

その見えてくる前車は当たり前ですがあなたよりもスピードが遅い車です。

あなたより遅い前車との距離が縮まったら速やかに追い越しましょう。

実はここが高速道路走行時の注意すべき一番のポイントです

慣れないドライバーほどブレーキを踏んで速度を落としてしまい追走してしまいます。

ちなみにプロドライバーの間では遅い前車を追い越さない車の集団を通称「金魚のフン」と呼んでいます。

金魚のフン達が渋滞や事故の原因を作り出します。

週末の渋滞のメカニズムはこちら↓

  1. 追い越さずに減速していく金魚のフン達にトラック・バスがイライラ
  2. イライラしたトラック・バスが遅い速度で追い越しをかける
  3. 後続の乗用車が遅いトラック・バスにイライラしブレーキ連発

渋滞を生み出すの当該の金魚のフンはそんな事は知らずに自分達は前車との車間距離を保って安全運転気分」で走行中・・・

知らないのもある意味幸せ者ですが・・・

前車を追い越さずに車間距離をとって走行車線で追走するのが必ずしも安全運転とは言えません。

あなた達が知らないうちに周囲の車をイライラさせ渋滞事故起こす原因となっている事に気づきましょう。

高速道路にも流れがありますから自分よりも遅い車がいたら速やかに追い越しましょう

あなた1人の高速道路ではありませんよ。

ただし以下の場合は適切な車間距離を取り無駄な車線変更はやめましょう。

さらなる事故・渋滞の原因にもなります。

  • 渋滞時
  • 交通量増加での団子状態時
  • 追い越し車線で前が詰まっている場合

渋滞時は同一車線走行が一番速く、車線変更をしたところで結果的に時間はほとんど変わりません。

通常時は追い越さないくせに渋滞時はやたらと車線変更をするのもサンデードライバーの特徴の一つです。

運転に不慣れなあなたはサンデードライバーがやりがちなミス・特徴8選をご覧ください。

追い越したら速やかに走行車線に戻る事

よく追い越し車線を延々と走行している車を見ます。

この行為は立派な道路交通法違反」になります。

通行帯違反

追越車線を連続して2キロ以上走行していると通行帯違反になります。

違反点数 1点

反則金 6000円

首都圏では東名高速・東北自動車道・常磐自動車道などが取締りが多い印象です。

追い越さない車も迷惑ですが、いつまでも追い越し車線を走行しているドライバーはもっと迷惑です。

前に車がいないのに追越車線をずっと走行し続けるのは道路交通法違反である上にあおり運転をされる原因にもなります。

追越車線を走行する際は常にルームミラーを気にして自分よりも速い車がきたら速やかに追い抜かせてあげましょう。

心当たりあるあなたは煽られたくないなら左側車線を走行すべし!を熟読しましょう。

高速道路上では無駄にブレーキを踏まない事

危険回避のブレーキは踏んでください。

あくまでも必要のないブレーキはやめてくださいって事です。

プロドライバー目線から言わせていただくと、不慣れなドライバーほど高速道路上で渋滞中でもない、IC・JCT・PA付近でもないのになぜかブレーキを連発させるドライバーが多いです。

必要のないブレーキは事故・渋滞の原因です。

必要のないブレーキ

  • 事故を目撃した際の見物ブレーキ 
  • 渋滞情報の標識通過時に減速ブレーキ 
  • 前車との車間距離が狭まり減速ブレーキ 
  • 前が詰まっているのに追い越し車線に突っ込む減速ブレーキ
  • Nシステム前の謎ブレーキ

あなたは心当たりありませんか?

高速道路上で無駄にブレーキを踏む行為ほど迷惑行為はありません。

おそらく前車との距離感がわからない・周囲の状況が読めないためにブレーキを踏んでしまうのでしょうが本当に迷惑なのでやめて下さい。

必要のないブレーキは一般道でも同様に気を付けましょう。

慣れたドライバーほど前車との車間距離を意識しているのでアクセルワークと追い越しで無駄なブレーキを回避しています。

ブレーキランプが点くと周囲の車は何かあったと警戒し自然と減速してしまいます。

あなたの無駄なブレーキと速度を一定に保てない車が周囲の車のブレーキを呼びそして渋滞が発生します。

必要のないブレーキも週末の渋滞の原因のひとつなのです。

危険回避のブレーキは踏んでください。

あくまでも不必要なブレーキを踏まないように常に先を見据えた運転が大事です。

よくあおり運転されてしまうあなたはなぜ「あおり運転」されるのか?実はあなた自身に原因が!?対策も必要ですをご覧ください。

まとめ

  1. 高速道路では一定に速度を保つ
  2. 遅い車がいたら速やかに追い越す
  3. 追い越したら速やかに走行車線に戻る
  4. 必要のないブレーキを踏まない

この4点が高速道路上での基本走行です。

さらに付加ポイントとしては↓

  • 常に先の先を見据えて危険予知運転する
  • サイドミラー、ルームミラーを活用して後続及び周囲に気をつける

高速道路の走り方は難しいですか?

正直当たり前のことを紹介しただけです。

厳しいことを言うようですが、これくらいができないドライバーは高速道路なんて利用しないでください。

あなたが自分では知らないうちに他車に迷惑をかけ、知らないうちに事故・渋滞の原因を作っているのです。

気づかない人はある意味幸せ者ですが・・・。

高速道路道路での事故は死亡事故に発展するケースが多く知らなかったでは済まないのですし、しっかりと運転しないと自身が事故を起こす可能性も高まります。

今後は当記事で紹介した高速道路の走り方を意識して走行して頂ければ幸いです。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

 

・あおり運転対策にはステッカー・ドライブレコーダーが有効です↓

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)