資産形成

【固定費見直し】今日からできる人生を豊かにする3つの家計節約方法

当記事を読み、あなたはお金の知識を得ることで無理なく簡単に固定費を減らし、毎月数千円~数万円の節約ができるようになります。

現在、我が家は夫婦共働きで金銭的には余裕があります。

しかし、お互いの会社の昇給は頭打ちで年収アップはこれ以上望めないのが現実です。

今後の将来に不安を感じたぎん丸は、なんとかして今以上に貯金(資産)を増やしたいという思いでここ数年を過ごしてきました。

何とか家計をやりくりして今以上に節約して貯金を増やせないか?

そんな矢先にインターネットや本で節約について調べているうちにある動画にたどり着き今までの常識非常識だったのではないかと気づきます。

その常識とは「自動車保険」「生命保険」「スマホ代」といった毎月必ず家計にのしかかってくる「固定費」です。

結論から言うとぎん丸は三大固定費である「自動車保険」「生命保険」「スマホ代」を比較し見直しすることで月の固定費を約3万円の節約に成功しました。

 

あなたは限りある給与所得でこれからどうやって貯金(資産)を増やしていきますか?

・ちなみに昔からよくある節約方法としてはこちらが代表的です↓

  • 食費
  • 電気代
  • 水道代
  • 交際・レジャー費

う~ん・・・悪くはない・・・悪くはないですよ・・・

だけどぎん丸はやっていませんしおすすめもできません。

理由は↓

  • とにかく面倒くさい
  • 心理的・肉体的負担の割に節約効果が少ない

 

・そもそも光熱費については意識せずとも昔からやっている↓

  • 不必要な電気は使わない
  • 不必要な水は使わない
  • 不必要ものは買わない

みなさんそれなりにやってますよね。

・しかし、これ以上の節約をし金銭的効果を高めようとするには↓

  • 待機電力が無駄だからコンセントを抜く
  • 冷蔵庫は数秒以内に閉める
  • 節電のため冷暖房を付けない
  • セール品を求めてスーパーをはしご
  • 日々の食費を決めてこまめに管理
  • シャワーはこまめに止める
  • 節水のため湯船につからない

ぎん丸にとっては生活に支障が出るレベルですしぶっちゃけ面倒くさいです。

面倒くさい割にこれらの節約方法では月に数百円~2.3千円程度の節約にしかなりません。

節約のためにケチケチ、セコセコした生活を送ると人生は貧しくなります。

数十円程度の価格差を求めるためにセール品を求めてスーパーをはしごなんてもってのほか・・・

肉体的負担・心理的負担が大きい割に節約効果は少なすぎる・・・

全部実践したって良くて月に数千円程度ですよ・・・

これらの節約が精神的・肉体的にストレスや負担にならず趣味でやっている人に対して否定はしませんがぶっちゃけ節約としては効率が悪すぎです。

つまり割に合わない節約方法なのです。

 

改めて簡単に月に数万円を節約できる方法を教えます。

答えは「毎月の固定費を削る事」

そして今すぐにでも削るべき固定費とは「自動車保険」「生命保険」「スマホ代」の3大固定費です。

実際は我が家は「自動車保険」「生命保険」「スマホ代」を見直し無駄を省いた結果、毎月約3万円の固定費を減らすことができました。

実はこちらの3代固定費は先ほど言った割に合わない節約方法を実践している人に限って高額の料金を支払っている人が多い固定費なのです。

どうですか?自分の胸によく手を当てて考えてみましょう。

これからの記事や動画を見てお金に対する知識・価値観などを学ぶチャンスです↓

【固定費】自動車保険を見直す

自動車保険(任意保険)は保険会社によって同じ補償内容でも年間数万円、月に数千円の差がでてきます。

車両保険は基本的に不要です。

会社の団体保険に入ってる人ほど比較して見直しましょう。

同じ補償内容で安くなるに越したことはないでしょう。

・自動車保険は同じ補償内容でも無料の自動車保険一括見積もりサービスを利用すれば平均で3万円保険料が安くなります。

自動車保険は比較で安くなる!

・自動車保険(任意保険)については以下の記事で詳しく書いていますのでご覧ください。↓

【自動車保険】ダイレクト型に切り替えて固定費を節約すべし!当記事は固定費節約に絶大な効果を表す自動車保険の一括見積を推奨します。 節約の基本は固定費を減らす事です。 あなたは自動車保...
任意保険に入らない人に伝えたい。自損事故でも最悪、人生終わります。任意保険に加入していないで人身・自損事故を起こし賠償責任を負うとあなたの人生は終わるといっても過言ではありません。当記事では管理人が任意保険の必要性を強く訴える内容となっています。...

【固定費】生命保険を見直す

三大固定費の中でももっとも多く無駄なお金を支払っているのは生命保険(医療保険)ではないでしょうか?

  • 学資保険
  • 積立型生命保険
  • がん保険

本当に必要ですか?

・学資保険はその分を積み立て投資に回したほうが将来的に多くの運用利益を得られる確率が大きいです。

・積立型生命保険についても高い運用手数料を保険会社に支払っているだけです。

その分を積み立て投資に投資に回したほうが将来的に多くの運用利益を得られる確率が大きいです。

・がん保険についてもたとえ月に何十万円と治療費がかかっても実際に負担する医療費は申告すれば少なくなります。

日本の健康保険は素晴らしく高額療養費制度というのがあって年収370~770万円の人なら月に最大80,100円までの負担で済みます。

 

保険は掛け捨ての生命保険と医療保険で十分でしょう。

ぎん丸夫婦の場合↓

  • 死亡保険     3000万円
  • 医療保険

    入院1日        5000円
    手術         5000円×10,20,40倍
    放射線治療    50000円
    先進医療    通算2000万円

・37歳夫婦二人合わせて6206円です。

あなたの家族の生命保険料はいくらですか?

万が一の時

住宅ローンは団体信用保険で支払われる。

遺族年金が家族に毎月数万円~十数万円支払われる。

日本人は保険大好きです。「万が一の時の為に・・・」保険屋さんの魔法の言葉におどらされてあれもこれもと多くの保険料を支払っていませんか?

万が一のために日々お金を貯める(増やす)が先決なのではないでしょうか。

・それでも保険を解約するのが不安なあなたはみんなの生命保険アドバイザーのお申込みプロモーションにでプロに相談しましょう。

【固定費】スマートフォン代を見直す

3大キャリアを契約しているあなたは今すぐにでも格安シムに変えましょう。

それだけで一人当たり毎月5千円程度はスマホ代が安くなります。

  • 夫婦なら1万円
  • 4人家族なら2万円

長電話しない限りは格安シムへ移行することが無難です。

格安シムへの移行手続きが面倒くさいなどという人がいますが、冒頭で説明した節約方法のほうがよっぽど面倒くさいし節約効果が低いのです。

多少の手間をかけても今すぐにでも格安シムに変えるべきです。

・格安シムについては以下の記事で詳しく書いていますので参考にしてください↓

スマホ代節約!SIMフリー端末と格安SIMで月〇〇〇円?みなさんはスマホ持ってますか? 当記事を読むことで。今3大キャリアを使っているあなたは格安シムに変えることでほぼ100%の確率で月...

・格安シムはUQモバイルLINEモバイルがおすすめです↓

UQモバイルはこちら



LINEモバイル公式



おわりに

我が家は三大固定費を見直し不要な保険代を削ることで月に約3万円の節約に成功しました。

心理的・精神的の負担はありません。

契約の切り替えに1日~数日で年間約36万円

10年で約360万円の節約になります。

ぎん丸は固定費削減で得た3万円を積立NISAやロボアドバイザーのウェルスナビTHEOで積み立て資産運用をしています。

自分で資産を運用することで将来的に豊かな人生を送りたいからです。

 

・「ロボアドバイザー」については以下の記事で詳しく書いていますので参考にしてください↓

ウェルスナビで投資初心者は手軽に資産運用を始めよう!いきなりの質問ですが。 あなたは貯金してますか? 貯金できてますか? 投資してますか? 投資に興味はありますか?...

 

地道にコツコツと食費・光熱費をケチり年間数万円程度の節約をするよりも、たった1日~数日の手間で月数万円の節約がこれからも続くほうが豊かな人生を送れるのではないでしょうか?

 

・当記事で書いた内容はぎん丸の尊敬する両@リベ大 学長 さんの動画を参考に実践しました。

両@リベ大 学長 さんの動画はどの本や、どのブログよりもわかりやすく、冒頭で言った私の中の常識非常識だと気付かせてくれた人です。

知識のない人がお金を搾取される社会です。

自分で調べて学んで理解してから行動しましょう。

お金に関する知識を増やして知識マッチョを目指し豊かな人生を送りましょう。

・自動車保険について

・医療保険について

・スマホ代について

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

 

・火災保険も比較することで安くなります。

【火災保険の窓口】ならたった3分で当日に最大19商品の見積が取れますよ↓

火災保険の窓口



 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)