住宅関連

【一条工務店】仮契約前に知りたい購入者が感じたの8つのデメリット。

当記事では一条工務店で住宅購入を検討されている人向けに、ぎん丸が3年間一条工務店の家に住んで感じた8つのデメリットを紹介します。

一条工務店の家に住み始めて3年が経とうとしています。

ぎん丸個人の結論から言うと一条工務店の家を購入して大満足なのですが、価値観は人それぞれです。

購入者が感じた生の声、今回はあえてデメリットを紹介します。

デメリットをよく理解してから仮契約を決めていただければと思います。

仮契約だからといって簡単に考えてはいけない

ほとんどの人は住宅購入は一生に一度ですから気軽に本契約なんてしないとは思います。

しかし仮契約となると少し気が緩んでしまうのではないでしょうか。

当時おバカなぎん丸はというと。

ぎん丸
ぎん丸
「仮契約だから何か気に食わなければ契約解除すればいい」

なんてたいして物事を考えずに気軽に仮契約をしてしまった記憶があります。

今思うと本当に無知って怖いなと思います・・・

まず一条工務店で住宅を購入する際の第一歩として最初に仮契約(土地を所有していない場合)を交わします。

一条工務店の場合は100万円を仮契約金として支払います。

営業
営業
仮契約ですからいつでも解約できます

なんて営業マンは簡単に進めてきますが実際は仮契約解除にはかなりの労力心理的負担を費やすようです。

もちろん「仮契約」ですから解約する事は出来るし、100万円は諸経費を引かれはするものの解約時に返金されます

仮契約解除をするのはそう簡単ではなく以下の事を大きく消耗する事が予想されます。

  • 仮契約までに費やした労力
  • 営業さんとの関係
  • 契約解除に費やす労力
  • 契約解除に費やすメンタル

これらを消耗する事によりかなりの労力心理的負担となり、仮契約を解除することは容易でないと判断します。

実際に仮契約解除された方のブログを読んでいるとかなりつらい思いをされているようです。

よってこれから紹介するデメリットを考慮したうえで、一条工務店の家を購入する事を十分に理解し仮契約=本契約するつもりで契約する事をおすすめします。

一条工務店の家は高い

価格面で一条工務店をあきらめる人が多いと聞きます。

参考までにぎん丸家の建築費を紹介します。

リアルな数値なのでぜひ参考にしてください↓

我が家の建築費

i-smart32坪 

  • 建物本体工事 約1850万円
  • 建築申請費  約35万円
  • 付帯屋外工事 約135万円
  • オプション代 約150万円
  • 太陽光発電代 約270万円

全てコミコミで税込み約2640万円

コミコミ坪単価は約82.5万円

一条工務店で建築される方の多くは太陽光発電設備をつけるし標準が充実しているとはいえオプション代は100万円を普通に超えてくるでしょう。

一条工務店ブロガーの人たちのオプション代は400万超も珍しくありません。

さらには地盤改良工事なんて必要になってくれば+100万は掛かります。

そう考えると一条工務店は高い部類に入るのではないでしょうか。

我が家は地盤改良はしていませんし、オプション代も他の一条工務店ブロガーさんのの建築費を見る限り、安く済んだほうだと思います。

それで2640万円です。

この金額をどう思いますか?

一条工務店は値引きなし

良くも悪くも一条工務店は絶対に値引きをしません。

いかなる理由があろうとも。

最初に住宅展示場で説明を受けるときに営業マンは自信満々にいいます。

営業
営業
「当社は適正な価格でお客様に住宅を提供しているので値引きは致しません」

唯一、値引き・特典があるのは紹介制度と提携企業による法人割引の2つです。

ちなみに他のハウスメーカーでは数百万円単位の値引きが普通です。

値引きによるお得感を感じたい方は一条工務店は絶対に向いていません。

ですので上記で紹介した我が家の建築費をあなたが建てたい建築面積で計算すればかなりリアルな金額がわかると思います。

「一条ルール」間取りに融通が効かない

一条工務店に興味がある人は耳にしたことがあるかと思いますが「一条ルール」と呼ばれる様々な間取りの制約があります。

これはできません・・・

あれはできません・・・

と100%何もかも決めたい人・こだわりたい人にはハッキリ言って一条工務店の家は向いてないでしょう

そういう我が家は思ったよりも一条ルールに縛られなかったです。

こだわりがなかったからでしょうか・・・(笑)

好みの住宅設備は選べない

これも一条ルールに含まれますが、一条工務店の家はオリジナルの住設が充実していて、基本的にはオリジナルや指定の住設を選ぶことになります。

  • シューズボックス
  • クローゼット
  • トイレ
  • キッチン
  • 食器棚
  • 洗面台
  • 風呂
  • フローリング

これらの住宅設備を全て自分でメーカーを選んで自分好みにしたい人には一条工務店は向いていないでしょう。

特にキッチン、風呂、洗面台はオリジナルのみなので好き嫌いが分かれると思います。

オリジナルフローリングが弱い

他の家のフローリングを経験した事がないのでよくわかりませんが、一条工務店ブロガーも言っている通り物を落とすとすぐに凹みます。

我が家には小さな子供がいるためトミカなどのおもちゃを落としても簡単に凹みます

ちなみにフロアコーティングをすればフローリングが硬くなり凹まなくなると勘違いされている人もいるかもしれませんが、コーティングをしても硬度は増しませんし普通に凹みます

フロアコーティングをしていても凹むのは我が家で実証済みです。

音がホールのように室内に響く

一条工務店の家は一条工務店i-smartは高気密・高断熱が魅力的でも紹介したように高気密がゆえに外からの音は遮音される一方で室内の音がホールかのようにとても響きます。

各部屋の仕切りにも吸音材・防音材が入っているわけではないので隣の部屋の音が普通に聞こえます。

家族のプライバシーを気にする人はやめた方がよいかと・・・

オプションで防音対策グラスウールを選択できるようなので、気になる方は営業マンに確認しましょう。

部屋が乾燥する(床暖房使用時)

一条工務店の最大の売りである全館床暖房ですがとにかく乾燥します。

我が家では晩秋からGW前まで床暖房を使用するのでこの時期は24時間加湿器が必須です。

加湿器を使用しないとすぐに部屋の湿度は30%前後に下がり風邪をひきやすい環境となってしまします。

【一条工務店】24時間全館床暖房は人生が変わるレベル24時間全館床暖房ってどう?電気代高いでしょ?実際に体験している人の感想は?当記事はそんな悩みを持った人に役立つ記事となっています。...

・我が家ではこの加湿器1つで湿度を50%前後に保っています↓

 

まとめ

ぎん丸がデメリットに感じた以上で紹介した8つをまとめます。

  1. 仮契約=本契約
  2. 一条工務店は高い
  3. 一条工務店は値引きしない
  4. 間取りに融通が利かない
  5. 好みの住宅設備を選べない
  6. フローリングが弱い
  7. 室音が響く
  8. 部屋が乾燥する

おわりに

注文住宅を購入するにあたって各社のメリット・デメリットなどの「特徴」を把握しておくことはとても重要です。

本記事では一条工務店のi-smartを実際に購入したぎん丸がデメリットに感じたことをご紹介しました。

みなさんが良い家づくりができるよう願っています。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

 

【外構工事】ハウスメーカー提携業者を利用するメリット・デメリット注文住宅を購入し着工が始まり建築が進むとハウスメーカーの営業マンからこんな提案をされます。 こんな提案を受けたらあなたなら...

ハウスメーカーと提携している外溝業者に頼むと市場価格よりも2~3割の費用が増されて請求されます。

ハウスメーカーが外溝業者と施主との仲介に入ることで手数料が発生するためです。

営業マン
営業マン
「当社では中間マージンは発生しませんのでご安心ください」

そんなのは嘘八百です。

外溝は提携業者以外を利用することにより2~3割の費用を抑えられます

外溝費用が200万円なら40~60万円です。

新居の家電・家財が購入できる金額です。

タウンライフ リフォームなら国家基準をクリアした優良企業300以上の中から外溝・お庭工事のプラン・見積もりを無料で作成してくれます。

正規の値段相場を知って浮いたお金で必要な買い物をしましょう。

登録は3分で完了します↓

無料登録する

タウンライフ リフォームの公式サイトはこちら↓

公式サイト

 

・注文住宅を建てたいけど、何から始めればいいのかわからないあなたへ

どのハウスメーカー・工務店に頼めば良いのか分からない!

家づくりについて調べてみたけど、不安なことだらけ…

間取りにはこだわりたい!

そんなあなたに最適な家づくりオリジナルプランをタウンライフ注文住宅センター無料であなたに最適な住宅会社・間取り・資金計画・土地探しを提案してくれます。

もちろん相談は無料です↓


関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)