お役立ち情報

「睡眠時間」の自己申告!トラック、バスの運転手は申告できんぞ!

元トラッカーのぎん丸です。

・トラックの運転手のあなた

・バスの運転手のあなた

睡眠時間は取れていますか?

ぎん丸がトラックドライバーだった時代は繁忙期なんかはとくにまともに睡眠を取らないで運転し次の納品先に向かうなんて当たり前のことでした。

しかし昨今は世の中がコンプライアンスに厳しくなってきていてそれはもちろんダークな業界のトラック、バス業界にもその影響が波及されてきています。

しかしながら、理想と現実はいまだに大きくかけ離れている現状が現場にはあります。

それらを打開しようと国土交通省が安全規定を改正しドライバーたちの職場環境を改善しようと回の安全規定の改正で現状を変えたいようです。

本記事では、まだまだ厳しい現実が現場にはあるということを今回はお話ししたいと思います。

睡眠不足のドライバーを運転させてはならない

国土交通省2018年6月1日から居眠り運転に起因する事故を防止し、また働き方改革を進める観点から、運転者の睡眠時間の確保についてバス、タクシー、トラック事業者の意識を高めるためそれぞれの安全規定を改正した。

乗務前点呼時に乗務員の睡眠時間を確認し睡眠不足であればその乗務員の乗務を禁止させると各事業者に通達しました。

簡単に言うと睡眠不足のドライバーに事業用車両を運転させちゃちゃダメですよ!って事です。

睡眠不足をどうやって確認するのか?

じゃあどうやってドライバーの睡眠時間を確認するのか?

答え・・・ ドライバーの「自己申告」

朝の乗務前点呼時に運行管理者がドライバーと対面で口答にて確認する。

実際の乗務前点呼での状況は?

ぎん丸のトラックドライバー仲間に聞いてみました。

ちなみに友人の運送会社はだれもが知ってる上場企業です。

友人の会社は睡眠時間が時間未満のドライバーは今回の改正により乗務できないらしいです。

ドライバーの睡眠時間の確認方法は?

朝の乗務前点呼時に運行管理者がドライバーと対面で口答にて確認する。

答え・・・やはりドライバーの「自己申告」

友人に聞いてみました。

もし睡眠時間が6時間未満だった時はちゃんと申告するの?

友人「そんなの言えるわけないじゃん」

友人「嘘でも6時間って言うよ」

これが現実なのです・・・

こんな茶番劇はあるのか?

ぎん丸も思ったのですが

普通に考えて朝会社に来て

運行管理者
運行管理者
○○君、昨日の睡眠時間は何時間かい?
ドライバー
ドライバー
すいません。昨日の睡眠時間は5時間でした

運行管理者はドライバーの自己申告を受ける。

運行管理者
運行管理者
しょうがないな。今日は○○君は睡眠不足で運転できないから帰っていいよ
ドライバー
ドライバー
はい。わかりました帰ります

こんな茶番劇ありえますかね?

それとも前日に

ドライバー
ドライバー
今から寝ると睡眠時間が6時間未満になってしまうので明日の出社を1時間遅らせてもらえますか?

 

運行管理者
運行管理者
しょうがないな。じゃあ明日は1時間遅れて出社してきなさい

こちらは前に比べたらまともな対応っぽく感じますが・・・

バスやトラックの遅延に納得できますか?

そもそも運送会社やバス会社は前日に翌日の配送時間に合わせて配車が組まれています。

例えば

・観光バス、路線バスにあなたが乗車するとして

バス会社に

「ドライバーが睡眠不足の為、1時間ほどバスが遅れますのでご了承ください」

なんて言われたらあなたは納得するのでしょうか?

仕方ない。安全の為ならしょうがないね!ってなりますか?

ぎん丸なら納得しません。

だったら代わりにちがうドライバーに運転させればいいじゃん!なんて思う人。

ただでさえドライバー不足のバス業界はそんな余剰乗務員なんていませんよ。

なんとか都合をつけて代わりのドライバーを見つけたとしても必ず遅延は起こります。

・運送会社の場合も同じです。

ただでさえ立場の弱いトラックドライバーなんてそれ以上にシビアですよ。

ドライバーが睡眠不足だから指定した時間に荷物が届きません!

なんて運送会社から連絡がきたらあなたは納得できますか?

当然、運送業界もドライバー不足の為、余剰乗務員なんていないので荷物は遅延して届く事になります。

はい以上。終了です(笑)

少なくともこれがバス業界、運送業界の現状なのです。

タクシー業界は知らないけど(笑)

たとえ睡眠時間が少なくともよっぽどの理由がない限りはドライバーは自己申告で

「睡眠不足です!」なんて言わない、もしく言えるわけなんてないのですよ。

世の中のお偉いさん方これが現実です知ってるでしょ?

だからと言って実際に個人の睡眠時間を自己申告以外に管理できるの?

答えは❌

カメラでも仕掛けるのでしょうか。

苦し紛れの改正にしか思えません。

バス、運送業界ってそんなに寝むれないの?

そもそも昨今のバス業界、運送業界はコンプライアンスがうるさくなってから昔のように寝る間もなく運転しなきゃいけない勤務体系のドライバーなんてそんなにいませんよ。

そんなドライバー、会社があったらどなたか教えて下さい。

もしそんな会社があったらそもそもそんな会社はさっさと辞めるべきです。

今はドライバー不足だから再就職先なんていくらでもありますからね。



ドライバー専門の求人情報はコチラ

バス会社も人員不測の為、連日ラジオや広告でバンバン求人広告を流してます。

運送会社も人員不足で大手企業がバンバン求人広告を出してます。

採用条件も低く誰でも採用される確率はかなり高いです。

それも正社員ですよ。

いつまでも薄給でブラック企業に勤めているなんて自分の責任です。

そんな会社辞めてしまいましょう。

おわりに

少々話がずれてしまいましたが、今回の省令改正で居眠り運転をなくし安全運転を促したいのでしょう。

意図は伝わってきますが現実は厳しいです。

実際の現場では上記に記したようにドライバー本人が睡眠不足を自己申告で申告することなんて事は今後もないと思います。

もしもドライバー全員が正直に睡眠時間を申告してしまったら間違いなく日本の物流はストップしてしまうでしょう。

 

あなたは今の会社の待遇に満足してますか?

運送会社のドライバーは不足しています、もっといい待遇の会社が下記サイトで見つかります。

横のつながりで会社を転々とする時代は終わりました。

登録はこちらから!↓

ドライバー不足に悩んでいるなら応募してみては?

今、流行りの 求人サイトです。

経営者の登録はこちらから↓

↓ドライバーの皆さんにおすすめです


あわせて読みたい
運送業界の現状。数万の庸車(ようしゃ)・下請けのトラックがあなたの荷物を運んでます。元トラッカーのぎん丸です。 ※一部内容が間違っていたため訂正いたしました。 トラックの運転手が不足している今、トラックドライ...
あわせて読みたい
トラックドライバーは本当にマナーが悪いのか?運転手の言い訳を聞いてほしい元トラッカーのぎん丸です。 連日、トラックドライバーの批判的な記事を連投してしまいましたのでそろそろ擁護する記事を書きたいと思いま...
あわせて読みたい
トラックドライバーの仕事は大変で、きついし、ストレスだらけ元トラッカーのぎん丸です。 トラックの運転手の仕事は多種多様ですがその中でも個人宅配、配達が多くを占めています。 配達の仕事...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)