技能講習

【玉掛合図方法】クレーン作業時は手と笛を使って合図すべし!

元トラッカーのぎん丸です。

ぎん丸はトラックドライバー時代から知り合いの特殊輸送のプロフェッショナル重量屋でアルバイトをしていていました。

トラックドライバーを辞めた今でも月に数日、知り合いの重量屋の仕事を手伝いにいっています。

・重量屋を知らない人はこちらが参考になります↓

重量屋はガテン系職人の最高峰だと思う件当記事は一般には馴染みのない数百キロ~数百トンまで想像のつかないような重量物の運搬・設置・据え付けをするガテン系職人最高峰の「重量屋」の紹介記事となっています。...

知り合いの重量屋の作業員達はとても作業のレベルが高いです。

そして何より玉掛合図一つにとってもカッコイイ!

経験者の方に聞きます。

玉掛合図の仕方(方法)って人・現場・状況によってそれぞれ違いませんか?

・あなたやあなたの周りの人は、よく建築現場玉掛技能講習の教本で見るこんな合図の仕方で「玉掛合図」してますか?↓

おそらくしていないと思います。

さて当記事ではぎん丸の知り合いの重量屋がやっているカッコイイ玉掛合図の仕方をより現場目線で、よりリアリティにお伝えします。

玉掛合図の一例として参考にしてください。

玉掛合図はこれだけでOK

 

まずは手の合図の方法です。

男らしい手でごめんなさいね。

ちょい巻き上げ

小指で巻く動作

  • 吊り具を張るまで~地切り
  • ちょっと巻きたい
  • 微調整

笛合図

ピッ(微動の意味)  ピッピ ピッピ と短く

巻き上げ

人差し指で巻く動作

  • ワイヤーを張るまで
  • 地切り後

笛合図

ピッピ ピッピ

ちょい下げ

小指で下げる動作

  • 着地寸前~着地
  • 微調整

笛合図

ピッ(微動) ピーピーピッ ピーピーピッ

巻き下げ

手のひらで下げる動作

  • 着地寸前まで
  • 着地後

笛合図

ピーピーピッ ピーピーピッ

ジブ(親)起こし

親指を起こす動作

  • ジブ(親)を起こしたいとき

笛合図

ピッ ピッ

ジブ(親)倒し

親指を倒す動作

  • ジブ(親)を倒したいとき

笛合図

ピッ ピッ

ストップ(止まれ)・呼び出し

手のひらを見せる

  • 呼び出し
  • 位置の指示(指差しも有り)
  • すべての動作においてのストップ
  • オペさんに対してちょっと待ってねのサイン

笛合図

ピー

2・ストップ(止まれ) 

手を強く握る動作

  • すべての動作においてストップ(パーと意味合いは同じ

笛合図

ピー

ストップの合図はぎん丸的にはパーよりもグーの方がカッコ良いと思います。

玉掛合図はどこまでやるの?

もちろん状況にもよりますが玉掛合図者は基本的に7つの合図をメインに行います。

  1. 呼び出し
  2. 位置の指示
  3. 巻き上げ
  4. 巻き下げ
  5. ジブ(親)起こし
  6. ジブ(親)倒し
  7. 旋回

以上がメインの合図になります。(転倒、急停止、作業終了は除きます)

ジブの伸縮は基本的には合図しない

熟練者ならわかると思いますが、朝の打ち合わせでクレーンオペレーターに荷取りから荷下ろしまでの位置や作業半径を説明した後、ジブの伸縮をなるべくしないようにオペレーターが自分である程度の位置にクレーンをセットします。

クレーンのオペレーターの位置から見えない場所(無線での合図)の際には合図しましょう。

合図はクレーンのオペさんの気持ちになって

よく見かけるのが手の動きがわかりずらい例として

  • 巻くのか止まれなのかわかりずらい
  • 起こしなのか倒しなのかわかりずらい
  • どこに来て欲しいのか明確に指示しない

玉掛合図者に一番重要なのはクレーンオペにわかりやすく明確に合図をすることです。

現場ではクレーンのオペさんはどちらかというと立場が低い側なので文句は言いませんが実際はかなりわかりずらく状況を自分で読んで操作している場合が多いのです。(知り合いのオペ談)

あなたがクレーンのオペレーターのなったつもりで合図をすることを心がけましょう。

手だけの合図では見ずらい場合、わかりずらい場合笛を吹くことによりクレーンオペレーターにで明確に合図を伝えられ誤合図を防ぐ効果があります。

笛と手での複合合図がわかりやすい

手だけの合図だとどうしても伝わりずらいです。

大きい荷物、狭い場所、複数人数での玉掛作業時はクレーンのオペレーターだけでなく周囲の作業員にも巻くのか下げるのかなど笛を吹くことによって明確に伝えられます。

何より第三者から見ていて安心できるし、格好よく見えます(これ大事)

車両の誘導も笛でできると安全ですしカッコイイです。

笛で合図をするメリット・デメリット

  • 眼だけでなく音で判断できる
  • 周囲がうるさくても音で伝わる
  • 笛で合図してるとできる奴に見える
  • 閑静な住宅街ではクレームの原因になる
  • 笛がへたくそだと素人に見られる

笛を吹くときは恥を捨てるべし!

初心者にありがちなミス・・・それは笛を吹くことに照れが出て中途半端な音になってしまう事です。

これは恥ずかしい・・・絶対に避けたいところ。

音痴な音を吹くと周囲に自分は素人と言っているものです。

笛を吹くときは恥や失敗を恐れずに!強く切れよく吹くべし!

まず初心者は笛と手での複合合図を覚えるべし!

知り合いの重量屋のみなさんは手と笛の合図がとてもリズミカルで自信に満ち溢れているので、とにかく見ていてかっこいいし安心できます。

まず初心者は笛と手での複合合図を自信をもってできるようになりましょう。

 

おわりに

ぎん丸が見てきたプロフェッショナル達の共通点は必ず「玉掛時」「車両の誘導時」「フォークリフト合図」など危険かつ声が通りにくい現場では必ず彼らは笛と手の複合合図を行っていました。

笛を吹いてくれると周囲で作業している人間に今何したいのか、しているのかが明確に伝わります。

それが無事故につながってくるのです。

重量屋ならず玉掛け有資格者のみなさんにはぜひ笛を使っての合図をおすすめします。

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

薄毛が気になる人へ

私はAGA治療をしていて何とか自毛をキープしています。

現場の休み時間にでも読んでください。

こちらの記事をがあなたに勇気を与えられたら幸いです。

【AGA治療体験】毛は生えた!12年間続けた経験と効果を語ります。当記事はAGA治療12年間を誇る大ベテランのぎん丸が全国の薄毛に悩む同志たちへAGA治療をすれば「毛は生える!」事実を自身の経験を元に薬服用のリスクも含めて紹介します。育毛剤や育毛シャンプーは効果なし!...

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)