重量屋

【重量屋】運搬・据え付けのプロの気になる給料と仕事内容を公開します

当記事ではガテン系職人の最高峰である重量屋作業単価・日給・ボーナス・日常を細かく紹介していますので、現役や重量屋になりたい人は必読の内容となっています。

こんにちは元トラッカーのぎん丸です。

前回の重量屋はガテン系職人の最高峰だと思う件で紹介した特殊輸送のプロ軍団

その名も重量屋

改めて今回の記事はそんな特殊輸送のプロ重量屋に興味のある方又はなりたい方は必見です。

重量屋の給料

さてまずは一番あなたが気になる重量屋の給料からいきましょう。

基本的に重量屋の給料体系は日給月給です。

日給月給ということはその日に働かないと給料はもらえません。

そもそも重量屋が作業するにお客様からもらえる作業単価日給はどれくらいでしょうか?

作業単価(お客様から頂く金額)

  • 18,000円〜55,000円(例外有り)
  • 福島原発関係は10万~らしい。

 

日給(会社が職人に渡す日給)

  • 10,000円〜30,000円(例外有り)
  • ぎん丸が重量屋でアルバイトしてた時の日給15,000円

アルバイトにしてはかなり良いほうです。

幅が広いですが下っ端から親方クラスでは倍以上の差があります。

重量屋の就業規則はあいまいなため、極端な話をしますと一カ月休みなしで働く事も可能です。

タフな人は昼→夜→昼→夜なんて普通にこなしてしまいます(笑)

したがって頑張れば頑張るほど稼げます。

月給にすると20万円〜60万円以上非常に幅広いです。

ちなみにお客様から頂く現場での作業単価はベテランだろうが、そこら辺の素人学生だろうが1人あたりのお客様から頂く作業単価は変わりません

作業責任者は高い設定の場合有り。

全体的な作業単価は他の肉体労働系の職種に比べたら良いほうではないでしょうか。

重量屋の仕事は専門職であり高単価なのです。

ちなみに重量屋は横のつながりが強く、自社の仕事がない時でも他社の仕事を手伝うなど仕事は絶えずあります

つまり頑張れば頑張るほど稼げますが仕事の少ない会社に入ったり、休みが多くほしい人は稼げません。

仕事量=給料に反映されます。

重量屋の賞与(ボーナス)

こればっかりは会社次第です。

賞与というのは業績に応じて企業が利益を得た上に従業員に還元することで支払われれるので義務ではありません。

ボーナスは町の小さい重量屋さんでは10万円~出ればよいでしょう。

日本通運・日立物流・上組などの超大手企業とは比べてはいけません。

彼らは年間基本給の3~4か月分のボーナスをもらっています。

そもそも大手企業には労働組合があって毎年の昇給や賞与について団体交渉してますので給与待遇や福利厚生が充実しています。

町の重量屋さんに労働組合なんてありません。

したがって社長の鶴の一声ですべてが決まります。

普段の給料が少なくボーナスがそれなりに出る会社はある意味要注意です。

普段の日当からピンハネしている分をまとめてボーナスで支給しているのではないかと疑ってしまうところ。

したがって町の重量屋さんの場合はあっても10万円程度寸志考えて下さい。

もしあなたが重量屋に就職したいと思っているのならボーナスよりも日給の金額を気にしたほうが良いかと思います。

重量屋は独立したほうが稼げるのか?

長年の経験・技術を積み重ね、お客様の信頼を得ると誰でも一度は考える肉体労働系の仕事でありがちな独立

もちろん重量屋の職人も経験を積んでから独立するケースも少なくありません。

しかし独立と一言っても2つのケースがあり今後の収入に大きく変わってきます。

一人親方(個人事業主)

  • 固定のお客様がいない人は主に一人親方(個人事業主)で下請けとして仕事をする。
  • 雇われの身よりも収入アップを求める人がなるケースが多い。
  • 給料は各元請けごとに決められているので実際は雇われの身とあまり変わらない。
  • 結局は会社に縛られたくない自由人が多い印象。

 

会社を設立する(経営者になる)

  • 自分自身に信頼を寄せている固定のお客様がいる人は自分で会社を立ち上げて自社で仕事を請け負う人も多い。
  • 大手企業で働き固定の顧客を掴み独立し、顧客ごとひっぱていく人も多くいる。
  • 起業は軌道に乗ればかなりの収入が期待できる。
  • 社長なのでもらったお金を生かすも殺すもあなた次第。

重量屋の1日

これからは重量屋の就業時間、残業、出張どについて説明していきます。

重量屋の就業時間

重量屋の就業時間は様々です。

重量屋の仕事は特殊作業が多いため就業時間は早朝から深夜と様々です。

通常の企業と違い8001700なんて具体的な就業規則のようなものは先ほどの大手企業を除き決められた就業時間なんてないと思ったほうが良いでしょう

そして重量屋の仕事は元請けの場合と下請けの場合があります。

元請けの場合

  • 会社で朝、機材準備いわゆる 段取りがある※前日積みもあり
  • 仕事が終わったら片付けがあり機材のメンテナンスや会社で事務仕事・雑用あり

 

下請けの場合

  • 身体一つ必要な個人の道具を持って直行直帰
  • 基本的に現場終わり(日当保証あり)
  • 準備・片付けを手伝わされる場合もあり

重量屋は残業が少ない

重量屋の仕事は残業は少ないです。

  • 作業終了時刻が決められている現場が多い
  • 会社~現場までの移動時間は労働時間に含まれないため
  • 重量屋の仕事はシビアで肉体的もきつく、事故・怪我のリスクを抑えるために長時間の作業はしない事が多い

現場への移動時間・帰る移動時間は残業にならないために拘束時間は非常に長いです。(大手企業は移動時間も就業時間とみなされるため、残業代が出る

・待機中・移動中の必須モバイルバッテリー↓

重量屋なら持っておくべき必要資格

重量屋は特殊輸送のプロ集団です。

準備になるためには必要最低限の資格を持っていた方が良いでしょう。

資格を持っていなくても仕事はできますが、仕事の幅が限定されてしまい給料も低くなってしまいます。

すでに下記5種類の技能講習に合格し有資格者であれば給料も優遇されます。

※資格を持っていなくても各会社が資格の所得費用を払ってくれる会社も多いので安心して下さい。

フォークリフト運転技能講習

  • フォークリフトを運転、操作するための資格

重量屋であるには基本中の基本です。

絶対に持っておいたほうが良いでしょう。

玉掛け技能講習

  • 重量物をクレーンのフックに荷を掛けたり外したりできる資格。

機械、機材をクレーン等で吊る時に必要。

こちらも重量屋であるには基本中の基本です。

玉掛けの基本動作については玉掛け作業で気をつけるべき13の基本手順を一読くしてださい。

玉掛合図については【玉掛合図方法】クレーン作業時は手と笛を使って合図すべし!をご覧ください。

小型移動式クレーン

  • つり上げ荷重1トン以上5トン未満の小型移動式クレーンが操作できる

通称「ユニック」機械を吊るだけでなく、機材等の荷降ろし時に必要

※操作のみ。フックに荷を掛け外しするには「玉掛け」の資格が必要

ユニックの基本動作についてはユニック操作で気をつけるべき18の基本手順を一読くしてださい。

高所作業車運転技能講習

  • 作業床の高さ10M以上の高所作業車の操作に必要

通称「高車」

装置の解体や高所作業で必要です。

床上操作式クレーン

  • 吊り上げ荷重5トン以上の床上操作式クレーン運転作業をする時に必要

※運転作業のみ。フックに荷を掛け外しするには「玉掛け」の資格が必要

通常「天クレ」「ホイスト」

高所作業をする人は【法改正】安全帯が「墜落制止用器具」に変更。特別教育が義務付けられますを一読してください。

 

・各種技能講習の詳細は下記の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください↓

【フォークリフト運転技能講習対策】試験に落ちたらセンスなし!「フォークリフト技能講習」は何ら難しくありません。遅刻さえしなければ受かります。もし落ちてしまったらあなたは相当ヤバイ奴です。当記事ではそれでも不安なあなたの気持ちを払拭する内容となっています。...
【玉掛け技能講習対策】試験に落ちたらセンスなし!玉掛技能講習は何ら難しくありません。遅刻さえしなければ受かります。もし落ちてしまったらあなたは相当ヤバイ奴です。当記事ではそれでも不安なあなたの気持ちを払拭する内容となっています。...
【小型移動式クレーン技能講習対策】試験に落ちたらセンスなし!「小型移動式クレーン試験」は何ら難しくありません。遅刻さえしなければ受かります。もし落ちてしまったらあなたは相当ヤバイ奴です。当記事ではそれでも不安なあなたの気持ちを払拭する内容となっています。...
【高所作業車運転技能講習対策】試験に落ちたらセンスなし!「高所作業車技能講習」は何ら難しくありません。遅刻さえしなければ受かります。もし落ちてしまったらあなたは相当ヤバイ奴です。当記事ではそれでも不安なあなたの気持ちを払拭する内容となっています。...

重量屋の出張

重量屋の仕事は特殊技術が必要なため、機械を輸送、設置する先々へお客様の要望により自ら出張する事が非常に多いです。

北は北海道、南は沖縄、海外なんて事も普通にあります。

出張期間は工期によって決まり数日~数ヶ月と幅広いです。

出張先の宿

  • 短期ならビジネスホテル
  • 長期なら良ければウィークリーマンション
  • 悪い時は相部屋オンボロ旅館

会社の規模や予算にもよりますが相部屋だけは勘弁してほしいところ。

色々な場所に行けて良いかと思うかもしれませんが、年中出張に行っていると仕事とはいえ飽きてきますね。

重量屋のメリット、デメリット

やりがいがある

  • 特殊な物を扱う為、誰でもできない仕事
  • なので仕事終わると充実感がハンパない
  • この充実感を味わいたい為に重量屋を続けている人が多い

技術が身につく

  • 重量屋の仕事は多岐にわたるため、特殊技術が身につく

いろいろな場所に行ける

  • 出張で全国、海外に行く事が多く各地の美味しい料理を食べれる
  • 観光名所など普段なかなか行けない場所に行ける
  • その土地の人と出会える

 

事故

  • 重量物と建物の間に身体が挟まれ骨折、死亡する
  • 重量物の下に指、足を挟まれ切断する
  • クレーンの荷物が落下し、下敷きになり死亡する
  • 高所作業時、転落し骨折、死亡する

※実際にぎん丸の知り合いも5トンの機械に指を挟まれ右指3本を失っています。

重量屋は重量物を扱う為、事故、怪我、最悪と常に隣り合わせで仕事をしています。

業界がブラック

  • 怖い人が多い
  • 休みが少ない
  • 拘束時間が長い
  • 就業規則なんてない

体調を崩すことが多い

  • 出張が多いため外食が多くなる
  • 拘束時間が長く体調を崩す

お金が貯まらない

  • 出張が多いため、毎晩飲みに行ってしまいお金も貯まらない
  • キャバクラ・フィリピンパブに入り浸り出張に行くたびに赤字

おわりに

重量屋は特殊な仕事をしているため、普段から神経をすり減らし、非常にシビアな環境で仕事をしています。

だから出張いったら気晴らしにキャバクラやフィリピンパブに行ってしまいうのです(笑)

冗談はさておき重量屋はその卓越した技術と経験と勘で普通の人が運べない物をいとも簡単に運搬・搬入・据付までをやってしまうプロ集団です。

昨今だと

  • 「東京スカイツリー」
  • 「種子島のロケット」
  • 「高速道路の架橋」
  • 「東日本大震災」
  • 「風力発電」
  • 「高速道路の橋梁」

巨大な建造物には必ず重量屋が関わっています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

・重量屋を目指すあなたにおすすめのアイテムを紹介していますので参考にしてください↓

重量屋なら持っておきたい腰道具おすすめ18選元トラッカーのぎん丸です。 重量物運搬のプロフェッショナル軍団「重量屋」には欠かせない道具とはズバリ腰道具です。 腰道具=安...
【建築現場】職人・重量屋におすすめする安全靴4メーカー重量屋に限らず労働者全般に馴染みのある安全靴。 ひと昔前は安全靴というと真っ黒なださくて、いかにも労働者っていうださいものを履いて...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)