運送業界

トラックの運転手さんへ「黄金のペットボトル」はポイ捨てせずに自分で処理して!

あなたは中央分離帯・高速道路IC・JCTなどでポイ捨てされている「黄金のペットボトル」を見たことありませんか?

何だか知ってますか?

結論から言うと中身はトラックドライバーが捨てたおしっこです。

 

※とうとうTVでも紹介され、ヤフーニュースのトップに掲載されてしまいました↓

またもや世間からトラックドライバーへの評価が下がってしまいますね。

 

こんにちは元トラッカーのぎん丸です。

以前に当記事でもお伝えしましたが、2018年11月26日ヤフーニュースのトップに掲載されていたので目にされた人も多いかと思います。

 

※当ブログではトラックドライバー向けに多くの記事を発信しています。

こちらのまとめ記事は業界経験者だからこそ言えるリアルな内容盛りだくさんですので参考にしてください。

トラックドライバー達へ送る参考書さて当記事ではトラックドライバー達に送る参考書と銘打って、今までに反響の多かった記事をまとめて紹介します。 これらの記事にはぎん丸がトラックドライバー時代に「経験・体験」した事を惜しみなく紹介していますので参考にして頂ければ幸いです。 これからトラックドライバーになろうと思っている人には全記事必読かと思います。...

トラック運転手がポイ捨て?「黄金のペットボトル」

黄金色の液体が入ったペットボトルが、首都圏の幹線道路周辺で頻繁に見つかり、清掃業者らを悩ませている。

配達に追われ、トイレに行くのを面倒がる一部のトラック運転手たちが投げ捨てたとみられる。

西日本新聞と連携協定を結ぶ東京新聞が、11月に始めた新企画「ニュースあなた発」で報じた記事を踏まえ、本紙の特命取材班が九州の実情を探ると、決して人ごとではないようだ。

国土交通省九州地方整備局福岡国道事務所によると、福岡市内の国道3号などでも「定期的な清掃のたびに、『黄金のペットボトル』が出てくる」(管理第一課)という。

NEXCO西日本の九州支社の担当者も「本数は集計していないが、九州内の高速道路のパーキングエリアやインターチェンジ(IC)への合流部分の植え込みで見つかる。処理に困るだけでなく、道路に落ちると危険。投棄は絶対にやめてほしい」と話す。

引用:ヤフーニュースより

この「黄金のペットボトル」はだれがポイ捨てするかわかりますか?

記事では運転手と書いていますが、その運転手のほとんどは「トラックの運転手」なのです。

「黄金のペットボトル」とは?

「黄金のペットボトル」わかりますよね?

お茶じゃありませんよ。

「黄金のペットボトル」=おしっこ

みなさん想像つくと思いますが・・・

簡単に言うとトラックの運転手が渋滞中、移動中、待機中の時におしっこが我慢できなくなったペットボトルに用を足したということです。

一般人には理解しがたい行為ですが、手慣れた運転手は自由自在に車内で用を足すことができるのです。

ちなみにぎん丸もトラックドライバー時代に1度だけ渋滞中に限界に達し「黄金のペットボトル」を作り出そうと試みましたがどうしても出せませんでした(笑)

うまく伝わるかわかりませんが、運転中の姿勢で用を足すのは男性なら至難の業だと思います。

ドライバー仲間に言わせると、運転中に用を足す行為は慣れると簡単に出せるようになるらしいです。

ぎん丸
ぎん丸
「ちなみに、口の大きいペットボトルが良いそうです

なぜ車内でおしっこをするの?

「黄金のペットボトル」を作り出す人の90%以上大型トラック・大型トレーラー・大型クレーンのドライバーです。

統計はありません。

自分が見てきた経験とドライバー仲間に聞いた結果ですので、ほぼ間違いはないと思います。

反論がある方はコメント欄にお願いします。

理由は大型ドライバーならではの問題が多く車内で用を足す理由は主に3つ理由があります。

  1. 待機スペースにトイレがない
  2. 駐車スペースがないからトイレにいけない
  3. トラックから降りるのが面倒くさい

①と②については大型ドライバーならではの悩みの種です。

とくに②については日本は車両の数に比べ駐車スペースが圧倒的に足りていないため結果、路上駐車が増え深刻な問題となっています。

③については時間に追われるトラックドライバーはトイレ休憩の時間すらもったいないと思い走行中に用を足すドライバーも少なからずいるのです。

ぎん丸には理解できませんが・・・

「黄金のペットボトル」をポイ捨てするな!

以前にも記事にしましたが生理現象ですから我慢できずにペットボトルに用を足すということは大型ドライバーならではの苦肉の対応策なのはわかります。

しかし、その用を足したあとのペットボトルを道にポイ捨てするのは論外ですよ!

とくに多く見るのが高速道路のICやJCT付近や港湾道路、流通団地の中央分離帯や路肩です。

港湾道路、流通団地の周辺は「黄金のペットボトル」だらけで目を覆いたくなる光景です。

かなりの数があり本当に怒りがこみ上げてきます。

これだからトラックの運転手は・・・

って残念ながら言われてしまいます。

自分でしたのだからあとでトイレに流して自分で責任をもって処理すべきですし人として当たり前のことです。

もちろんポイ捨てするドライバーがごく一部の人間であることはわかっています。

しかしああいったトラックの運転手が多く集まる場所であのような光景が広がるとトラックの運転手に対する目が厳しくなるのも当然ですね。

 

トラックドライバーは自分たちで首をしめている?

こういった記事が出回ると必ずといってこのような意見が出てきます。

トラックドライバー
トラックドライバー
トラックステーションをつくれ!

「大型車が停まれる駐車スペースをつくれ!」

「待機場にトイレをつくれ!」

いやいや、問題はそこではなくて、まずは自分のものは自分で処理してから言いましょう。

実際にトラックの運転手のマナーが悪すぎて地域住民が駐車スペースをなくす運動をして実際になくなったケースもあるようです。

当ブログに寄せられた一部のコメントを紹介します。

トラックドライバーの駐車場が少ない現実について書いた記事に関してのコメントを原文のままお見せします。

そもそもテメーらが休憩スペースで不法投棄・立小便・野糞するせいで住民の怒りで休憩スペースが整備されない・減らされるのは当然だ!

家の近くでも県道沿いの休憩スペースでトラックドライバーが立小便・野糞・ポイ捨てするせいで住民はトラックドライバーへの怒りをもって道路管理者に閉鎖を訴え、やがて閉鎖されたので!

文章から怒りがにじみ出ています。

よほど嫌な思いをしたのでしょう。

言葉は汚いですがコメントの内容はおおむね事実です。反論はできません。

事実、こういった一部のマナーが悪いトラックドライバー達のせいで自分たちの首をしめているのです。

おわりに

生理現象ですから応急対応で「黄金のペットボトル」にしても構わないと思いますが、自分で責任をもって後処理をしましょう。

トラックドライバーのイメージがこれ以上悪くならない為に。

ぎん丸
ぎん丸
「人として最低限のマナーは守りましょう

 

※転職を考えているトラックドライバーはドライバー求人サイトのドラEVERに登録しておくのをおすすめします。

ドラEVERならあなたにあった条件を細かく検索できる機能が豊富です。

ドラEVERについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【ドラエバー】トラックドライバーの転職のタイミングは今だ!元トラックドライバーのぎん丸です。 「働き方改革」という名の下で、各企業は残業等を減らし今までの勤務体系を大きく見直し始めています...

※当ブログでは15年間のトラックドライバー生活で経験した知識を多く発信しています。

こちらの記事は業界経験者だからこそ言えるリアルな内容盛りだくさんですので参考にしてください。

運送業界

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)